タケノコ掘り 

4月10日土曜日。
今日は、カミさんの実家の竹山で、タケノコ掘り。

私の実家や、会社の会長夫人や、近所の人、
カミさんの勤め先に、そこに来てる裕福なお客さん達。(笑)
お客さんなんだけど、いつもいろんなものを頂くばかりで・・・。f(^^;)
相手の方達とはレベルが違うんで、お返しする物が無いんですよね。(汗)

で、計算すると、最低でも30本は掘らないと足らない。_| ̄|O

本当は、私の叔父さん2人も掘りに来るはずだったのが、
諸般の事情により、来ない事に・・・。(涙)

え~っ、一人で~?f(^^;)

湯がく時間や配達を考えると、1時間で5本、
10分強で1本掘らなくちゃいけない計算となる。f(^^;)

ちょっと弱気になった私は、飯塚の義兄に援軍を要請したのですが、
予想通り、軽く却下されました。(涙)

仕方ないので、朝早く出発。
カミさんの実家に行くと、義姉夫妻が、手伝ってくれるという。(^o^)
足が弱ってるので、心配でしたけど、私にとっては、願ってもない展開。(汗)
案の定、義兄さんは私の倍の数を掘ってくれました。(激汗)

私は、最初の1本で体力の70%ほどを消費。(笑)
根っこが、かたまってたせいもあり、クワを50回程度も振り下ろす暴挙に・・・。f(^^;)

なるべく楽をしたいという煩悩の働きで、タケノコの際だけ掘ろうとして、
結局重たいクワを何度も持ち上げなければならない羽目に・・・愚かだ。

3本目くらいから、コツがわかってきたんですけど、既にカラータイマーが・・・。(笑)
すでに1本目から、腰は痛いし、指に力は入らないし、足はだるい。(笑)

実は、ちょっと外れたとこにクワを降ろした方が、力要らないんですよね。f(^^;)
すると数回クワを持ち上げるだけで済むのに・・・。_| ̄|O

コツがわかると、終わりの方は、楽しくなってきました。(^o^)

私と義兄さんが掘ったタケノコをカミさんが運び、義姉さんが皮をむく。
その時、義兄さんが開発した新兵器が素晴らしい・・・。
takenoko_01_100410.jpg
弓のような形状のもので、要らない部分だけをこそぎ落とします。
ナイスアイデア!
「特許申請したら?」と言いましたが、申請する気は無いそうなので、
ここに紹介いたします。(笑)

で、11時過ぎくらいには、予定以上の収穫完了。\(^o^)/
takenoko_02_100410.jpg
車までは、私が担いで、降りました。
これもかなりこたえました。f(^^;)

途中、野イチゴの花が、一面咲きまくってましたよ。
noitigo_100410.jpg
去年、義姉さんが、採ろうと思ってたのに、ムクドリ2羽が
アッと言う間に食べ尽くして行って、とても悔しかったらしい。(笑)

これからカミさんの実家に持ち帰り、急いで湯がきます。
「茹でる」が正しいらしいのですが、みんな「湯がく」と言ってるので・・・。f(^^;)

実は、このすぐに湯がくのがポイントだそうで、
時間が経てば経つほど、エグミが強くなるらしいです。

だから、街では、皮の付いたまま売ってるのを、
よく見かけますけど、こちらでは信じられないそうな・・・。f(^^;)
takenoko_03_100410.jpgtakenoko_04_100410.jpg
巨大な寸胴に洗ったタケノコを入れ、お湯を注ぎ、ガスコンロに点火。

吹きこぼれると、それから1時間、湯がき続けます。
takenoko_05_100410.jpg
1時間経ったら、火を止め、すぐに水でさまします。
takenoko_06_100410.jpg
そしたら、やっと完成です。\(^o^)/
takenoko_07_100410.jpg

2時には私の実家に向け、出発。
親戚の間では、有名な合馬のタケノコよりも旨いとの定評のタケノコですから、
大歓迎を受け、お礼の肉を持って、再びカミさんの実家へ、そして帰り着きました。

無事、家に帰り着いた報告の電話を、実家にすると、叔父さんが出て、
「柔らかくて、めちゃ旨かった。最高やな、また頼むけ・・・」 もう食ってる。(笑)
そんなにたびたび掘れるかい!f(^^;)

コメント

タケノコ堀りですか~!
私はまだやったことがないので一度やってみたいのですが、なかなかそんなチャンスはなくて…。
どこにタケノコがあるのか探すのも慣れないと難しいんですよね。
採れたてのエグミの無いタケノコ、そりゃ美味しいでしょうね~!

Yu-Rin様

美味しいですよ~。f(^^;)
実は、うちの実家の方も竹藪あるんですけど・・・。
手入れしてないし、土も赤土じゃないし、カミさんの実家の
タケノコの方が旨いもんで、誰も掘りに行きません。(笑)
知らない人が勝手に掘ってるらしいです。f(^^;)

昨夜は、腰が痛かったりしたんですけど、今朝は、もう体調回復。p(^^)q
う~む・・・まだまだ若いのか。(笑)

タケノコ堀、やったことありませ~ん
最近はご近所さんからゆでたのを頂いて、楽しませてもらってます

皮ごとゆでる、が一般的かと思ったら、所変われば、ですね
この方が合理的な気はするんですが

場所によって、そんなに味が違うのも面白いですね

葉っぱ様

まあ空気とお日様になるべく当てないようにするという意味では、
皮の付いたまま・・・ってのも意味あるのかもしれませんけど。

こちらでは、山から家まで1分くらいだし、持って帰るのが大変だし、
家で皮をむくと処分も大変ってのもあるんでしょうね。f(^^;)

味が違うのは、赤土だとエグミが無いらしいです。
掘ったらすぐに湯がくのも大事だそうで、
さらに一般家庭じゃ、1時間も湯がけませんもんねえ。
こういうとこも味の差が出るんじゃないかと・・・。
ホントに柔らかくて美味しかった。(^o^)v

太くて良いタケノコが沢山採れましたね~美味しそう!!!
採れたてを味わえるなんてホントに羨ましいです♪

それにしても、豪快に皮を全部剥いでしまうやり方にはびっくりですe-451
でも、確かに皮ごと茹でるなんて大量には無理ですね、納得。
ただ、、、、ひ、姫皮が・・・(ToT)
竹林のあるお宅ではそんなもの召し上がらないんですね。。。。
滅茶苦茶贅沢ぅ~(≧∀≦) 


tat様

姫皮・・・はて?f(^^;)
先っぽを姫皮と言うのか・・・はじめて知った。(汗)

私は、先っぽも感触が楽しくて好きなんですけど、
実家の人は、「根っこの方が旨かろうが」ですからね~。f(^^;)
確かに、根元も変わらず柔らかいですからねえ。
筍の味は、しっかり根元の方がしますし。
まあ確かに贅沢なんでしょうねえ。f(^^;)

福岡は竹が多いのか、姉の旦那のとこも合馬の近くに竹山が
あるんですけど、
掘らないどころか、タケノコは見るのも嫌だそうです。(笑)
子どもの頃から食べ飽きてるらしいです・・・。f(^^;)

私の母はタケノコが何よりの好物なので、それを知る方々が良く届けてくれていました。
だから私は、小さいころから、この季節はタケノコづくし・・・
子供的にはあまり続くと嬉しくなかったけど、好きでした。
ただ、最近気付いたことですが、私の母はタケノコ湯がかないんです!
皮を剥いたら、そのまま煮ちゃいます。
湯がいて“あく抜き”するのが当たり前だと思っていたので尋ねると、
「採りたては湯がかない方が美味しい、湯がくとタケノコの風味が無くなる」とのこと。
ま、確かに、湯がかないタケノコを食べて育った私ですから、その味には慣れてますが、
ビックリでした。

子どもの頃は、味はまったくわからなかったし、
好きとか無かったですけど、歯触りだけは、割と好きでした。

私は料理しないんでまったく詳しくないんですけど、
湯がかないで・・・ってのは知りませんです。f(^^;)
とても良いタケノコなんでしょうねえ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akkyan2004.blog53.fc2.com/tb.php/213-e8a9ac33